大阪でヘラ絞り・板金加工を行っています。

お問い合わせ・ご相談はお気軽に
TEL:06-6751-5147
FAX:06-4305-7614
MAIL:farao@yosimoti.com

7月は、たくさんのヘラ絞り体験をしていただきました。

松江から
7月は、たくさんの人にヘラ絞り体験をしていただきました。松江からは島根の中海をきれいにしようと
活動されておられるNPOのOさんが、わざわざ、おいで下さり、前から体験して見たかったとのことで
チャレンジしていただきました。
H26  生野工業1
今年もイベントで使う部品作りで4名の生徒さんが来られました!ハキハキしていて気持ちのいい
生徒さん達でした。部品作りも、けっこう!うまい生徒さんがおられ、うちに弟子入りするか?と
言ったら、笑っていました!
今年は女性の先生もチャレンジされました!
真剣でしたよ~♪
H
最後は、わざわざ、東京から大阪のヘラ絞り屋さんを訪ねて数社、訪ねたらしいのですが
あまり、いい対応されなかったようで、うちでは結構、会話も弾みました!
仕事は、うちでは大きさ的に出来ない仕事でしたので、紹介させていただきました。
ついでにヘラ絞りを体験されて、難しさも分かったと喜んでいただきました。
東京から


Comment

  1. つかさ元 さん より:

    生徒さんは生野工業高校ですか。何にしても工場が賑わうのはいいことですね。

  2. 貼箱屋@熊谷 さん より:

    学生さんたちは授業では色々と工具や機械を使って作業もすると思いますが、それとまた違った本物の職場で実際に製品を作っている機械で、現物の材料を使っての体験というのは、校内での作業とはひと味もふた味も違うはずですね。
    ホントに貴重な体験だったと思います。今後に活かして欲しいですね!

  3. タケやん2246 さん より:

    つかさ元さん
    >生徒さんは生野工業高校ですか。何にしても工場が賑わうのはいいことですね。
    はい!
    少しでも、おもしろさが分かっていただけるといいかなぁ~と・・・・・・・

  4. タケやん2246 さん より:

    貼箱屋@熊谷さん

    >ホントに貴重な体験だったと思います。今後に活かして欲しいですね!
    なにかの形で生きてくるでしょう!
    経験ほど、自分の中の宝にまさるものはないだろうと思います。ね!